【名古屋税理士・公認会計士勝野会計事務所】

人が集まるところに情報が集まり、縁が運をはこぶ

運っていうものは、結局は縁が運んできてくれるものだと思っているんだ。運と縁は気っても切れないんだよ。

私は、どれだけ能力の高い人であったとしても、運のいい人間には何をやってもかなわないのではないか、そう考えています。なので、私は今でも十分運がいいと思っているのですが、自分をもっと強運にしていきたいと、いつも考えています。

運は縁が運んできてくれる、だから縁を大事にしないといけない。

人間関係で何が一番大切だと思う?俺はね、最後は義理人情なんだと思う。最初に井戸を掘ってくれた人を忘れちゃいけないんだよ。その恩を忘れるから、水が出なくなっちゃうんだ。

縁を大事にすること、人が集まる特技を持つこと、情報を提供すること。こうすることで、周りに人が集まる自分になれるかどうか、が大切なのだと思います。撒き餌をしないと魚は寄ってこない、まず自分が情報を発信しないと人は寄ってこない。風通しのいい人間になると心掛けたいです。

 

学校の勉強だけではメシは食えない!

Google+

この記事を書いた人

勝野弘志Twitter:@victoryfield
顧問先の契約継続率が100%、事業計画作成支援で関与先の約8割が黒字決算という名古屋の会計事務所所長。

志を持つ起業家を支援するためのセミナー、【士魂商才プログラム(起業編)】を好評開催中。