お客様に提供する価値は「会社が強くなるための基礎」。財務基盤を整備する事業計画の作成支援、経営者の社長力を高める勉強会開催。

税理士と顧問先のあるべき関係

税理士のお仕事

税理士の仕事は多岐にわたります。一般的には次のようなものが税理士のお仕事と言われています。

■ 記帳代行業務
顧客から領収書等を預かり、現金出納・預金出納等を記帳する業務。顧客から見れば完全に経理業務を「丸投げ」するもの。
■ 試算表等作成業務
現金出納・預金出納をもとに振替伝票を作成し、複式簿記により合計試算表・残高試算表を作成する業務。一般的にはコンピュータによる自動作成となる。
■ 税務申告
所得税、相続税、贈与税、法人税、消費税等の申告書を作成し、顧客に代わって税務申告書を提出する業務。
■ 税務相談
税金にかかわる相談を受け、アドバイスをする業務。
■ その他
年末調整、労働保険・社会保険等の手続、会社設立手続のほか、経営改善計画の策定やパソコン会計の導入、保険代理、不正調査、場合によっては営業所の監査なども依頼されるケースもある。
このように、税理士の仕事は多岐にわたりますが、主たる業務は税務申告ですので確定申告等の時期は忙しくなります。

会社の成長ステージと税理士のかかわり方

会社の成長ステージの各段階における税理士のかかわり方は、一般的に次のような過程をたどります。

■ 設立期
起業したときは全面的に税理士を活用することとなるのが一般的です。場合によっては記帳代行業務から依頼されることも多いと思われます。設立期は会社を軌道に乗せなければならないため、本業以外は専門家に依頼するのが効率的です。
■ 成長期
事業がある程度軌道に乗ってきて会社組織も整備されてくると、税理士に依頼してきた事項であっても自社で対応できることが多くなってきます。日々の作業的なことは自社で行い、決算作業など専門的なことは税理士に依頼する等の業務分担がなされるようになります。
■ 成熟期
自社である程度の経営管理ができるようになると、税理士の業務は主として会社作成資料のチェックになります。また、取引内容も複雑になってくることによる税務処理・会計処理の相談が増えるのもこのステージの特徴です。
■ 変革期
設立期から成熟期までは過去の情報をいかに処理するかが主眼でしたが、変革期においては未来予測をどのように把握するかに重点が置かれます。したがって、経営改善計画や予算統制等の経営上のアドバイスが税理士の主な仕事になります。

税理士に「依頼する」のか?税理士を「使う」のか?

税理士に「依頼する」というのと税理士を「使う」というのでは雲泥の差があります。

税理士に「依頼する」のには、さらに二通りの意味があります。ひとつは「自分でできないから依頼する」というもの、もうひとつは「自分でできるけど依頼する」とうものです。

設立期・成長期はできないことを依頼することが多いと思います。しかし、成長期のある段階からは、費用対効果を考えてアウトソースするという選択肢も出てきます。これが「自分でできるけど依頼する」ものです。

税理士を「使う」のは成熟期・変革期ステージにある会社です。この段階ではアウトソーシングを除けば日々の業務で税理士に作業を依頼することはなくなってきます。そのようなときに、どうやって税理士を「使いこなすことができるか」がポイントです。

あなたは税理士に「作業」をやってもらいますか?それとも税理士の知識や知恵を「使いこなし」ますか?

税理士と会社のあるべき関係を見つめなおす必要があります。

お問い合わせはこちらから

Google+ページ

PAGETOP